自然には私たちを癒す愛とパワーが備わっています。喜びの時も悲しみの時にも私達を見守ってくれるのです。このブログでは、自然の癒し、ハワイの癒し、沖縄の癒しをお届けします。癒しグッズも紹介します!
  悲しい時、空を見上げたら虹が出てた。落ち込んだとき、向日葵は太陽に向かって咲いていた。憂鬱な時、雨は木々をよみがえらせてくれた。淋しいとき、夜の空は輝く星を届けてくれた。夜明けはいつでも、必ずやって来る。わたしにも、そしてあなたにも。だから大丈夫。
空をかける虹 空に咲くひまわり 森の瀧 夜空に輝く流れ星 登る朝陽

ハーブティー、ハーブグッズが勢揃い!(癒しグッズ・COM)
石鹸/アロマオイル/お香/フラワーエッセンス/キャンドル


リラクゼーション・ガーデン
心と体を癒す音楽がここに!全曲試聴可能-世界の評価の高いヒーリング音楽


天使のやすらぎ【癒し系CD専門店】
音楽療法/メンタルトレーニング/ 有名アーティストのオルゴール曲/BGM 試聴可能-プレゼント実施中


スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中秋の名月でお月見
2006年10月06日 (金) | 編集 |
本日、10月6日(旧暦8月15日)は、中秋の名月ですね。秋の夜空の澄んだ空気に月が輝き、1年の内で最も美しい月が見られると言いますよね!皆さん、お月見団子を持って、ちょっと外に出てみませんか!

お月見の慣習は、お隣の中国から平安時代に渡ってきたと
言われています。興味がある方は、「中国の月見」で調べて
見るのもいかもしれませんね。

お供えするお団子は、平年なら12個、うるう年なら13個と
いうのが一般みたいですん。それから、すすきを飾るのは
1年疫病が来ないとか、あと、すすきの鋭い切り口が
魔よけになるそうです。

韓国では、正月に続く二大事で、遠くで暮らしている家族は
実家に帰って祝いをするそうです。チベットなど、その他の
アジア諸国でも大きな行事みたいですよね。

8がつ15夜の月に願いをかけると、叶うそうですよ。
お月見だんごとおはぎを持って満月さんにお話しに行きましょうよ。

ここ、沖縄は今のところ、天気はまずまずなので、大きなきれいな
お月様が見られそうです。皆さんのところはどうかな~。
地域によっては、台風の影響で雨が降るって言ってたけど。

そう言えば、赤とんぼさんが、庭に遊びに来てました。
月桃の葉が好きみたいで、ず~っと30分以上は止まってました。
にらめっこしてたのですが、私がギブアップして
家の中に入りました。

月桃に止まる赤とんぼ
テーマ:季節を感じる
ジャンル:ライフ
ランキングお世話になりました!
2006年07月17日 (月) | 編集 |
ブログランキングの削除依頼をしてますが、まだランキングに情報が残っているようです。本日、ランキングへのラベルも取りました。長い間、見守ってくださった方々に心から感謝しています!!ありがとうございました!

7月の満月
雲と合い重なり神秘的な7月の満月

自分のブログも、開けない日もある中、安定してランキングの
上位の方に位置していました。ランキングのラベルをクリックして
頂き心から感謝しています。あなた様のお陰で
ランキングを通して私のブログが多くの人の目に留まることが
できました。

FC2の「心と身体」部門で1位、「癒し」のカテゴリーで1位に
位置することもありました。本当に皆様のお陰です。改めて
心から感謝申し上げます。

7月の満月
廻りの白い雲を巻き込んで輝く7月の満月

ランキングに参加した当時は、多くの人に自分の記事を読んで
もらいたい、そんな気持ちでした。しかしながら、ここ最近
仕事、その他で、ブログを開けない日も多く、記事更新も
ままならず、、、それで、ブログは続けていくつもりですが

7月の満月
雲がなくなり、漆黒の夜空に輝く7月の満月

ランキングは、当初の目的を達したので、終わりにしようかと
思います。また、頻繁に更新ができる状態になったら
ランキング参加するかもしれません。その時は、どうぞまた
宜しくお願い致します!

少し仕事が落ち着いたら、また頻繁に更新もできるかと
思います。皆様、本当にありがとうございます!!!
テーマ:ありがとう
ジャンル:心と身体
嵐の前の静粛のちょうちょ
2006年07月08日 (土) | 編集 |
沖縄先島地方に台風が近づいています。こちら、沖縄本島も風が強くなってますが、雨はまだそんなに降っていません。午前中は、太陽も、まだ顔を見せていました。そんな中、ふと呼ばれる気がして、ドアを開けると、庭木に大きなちょうちょが、遊びに来てました。

ピンクの花とちょう   台風の前に遊びに来てくれたちょうちょ
台風が来る前に遊びに来てくれたちょうちょがピンクの花で遊ぶ
  
逃げません。しかも近くに寄ってきます。何回も私の周りを
廻って花に止まりました。羽をぱたぱたしてじっと
してないので、なかなか、いい写真を撮ることができません。

手で触れる距離なので、蝶の羽の模様、身体の総てを
詳しく観察することができます。少しだけじっとしてね
と心の中で言って手で触れると逃げません。
携帯でも、大きく撮影できました。

以前はオオゴマダラとか、大きな蝶を頻繁に見かけたのに
最近は目にすることが少ないです。

女性のようなちょうちょ
私、きれいでしょ!って言うかのようにいっぱいに羽を広げてくれた

この蝶を見て、ふときれいな女性が黄土色の素地に
黒い模様の長いドレスをまとっている姿が
頭をよぎりました。こんな蝶のドレス、きっとステキかもしれない。

嵐の前の静けさの中、本当に遊びに、お話しをしにきてくれた
というのがぴったりの長居をしてくれた訪問者でした。

この午前の静粛も一時、今宵は、雨風強い訪問者になりそうです。

FC2ブログランキング人気ブログランキング 
テーマ:自然の中で
ジャンル:ライフ
白いクマゼミの誕生
2006年07月06日 (木) | 編集 |
夏もたけなわになり、早朝、あちらこちらで、けたたましく鳴く蝉の声が耳に響きます。クマゼミの脱皮を最近見たことが、ありますか。クマゼミは、夜か、明け方に脱皮することが多いようです。

セミの抜け殻
太陽の光に輝くセミの抜け殻

我が家の周りにも、たくさんのセミの抜け殻を見つけました。
そんな中、先日、ふと、何気なく外に出てみたら
幼虫から脱皮した真っ白なクマゼミがぬけ殻に
ぶらさがっていました。

抜け殻にすがるクマゼミ
抜け殻にすがる羽化したばかりのクマゼミ

朝の11時頃だったので、はっきりと、その姿を見ることが
できました。

目だけが黒くて、羽は真っ白、身体が少しクリーム色というか
薄緑みたいな感じでした。セミが抜け殻を割って出てくる所も
何度か見たことはあるけれど、改めて感慨深いものが有りました。

クマゼミのことはよく分らないのですが、アブラゼミは
卵からふ化まで1年、土中での幼虫時代が5年、地上で羽化して
1週間から2週間の命と聞きました。

今日、大きな声で鳴いたセミは、1週間後、あるいは、10日後
この地上にはいないのです。それを思うときに、セミとの
一期一会みたいな感じがして、じっと、羽化したばかりの
セミを眺めていました。

不思議ですが、ハワイには、セミがいません。セミの鳴き声を
聞いたことがありません。ハワイからの知人が、セミの声を
聞いてとてもびっくりしていました。

セミの声を聞くときに、日本の夏が来たという気がします。
とても不思議です。セミたちが、わきまえて、夏という季節に
地上にちゃんと出てきて、僅かな命を過ごすということ。

羽化直後のクマゼミ
長い地中の幼虫時代を経て地上に出てきたクマゼミ

きっと、セミにはセミの役割、使命があるのでしょうね。

セミさん、大きな声で鳴いて、僅かなときを楽しく過ごしておくれ。

明日は、天の川が開いて、あるいは天の川を越えて
彦星と織姫が1年に1度会う七夕だな~。夜空の夏の大三角形でも
見てみようか。

FC2ブログランキング人気ブログランキング 
テーマ:自然の中で
ジャンル:ライフ
海と空と雲と鳥と
2006年06月28日 (水) | 編集 |
去る日曜日、弟の船に乗りました。魚とりに行くということで、出かける寸前、海の写真でも撮ってくるかと、急遽、港に行く弟の車に乗り込みました。船に乗ったのは7人。

小船ですから、モーターかけて、飛ばすと船先が上がり、浪を
かぶります!ひぇ~状態。それでも、風をきり浪の上を行くのは
気持ちがいいです。水上バイクと同じ感覚でしょうか。

急遽、乗り込んだものですから、泳ぐ準備などせぜに
着の身着のままの状態でした。

入道雲     赤い浮き輪
海から望む陸の上は夏の匂いのする入道雲     赤い浮き輪が私を海に誘う

目的地に着き、皆はシュノーケルをつけ、足ひれを履き
次々飛び込みます。私は、といえば、ぷかりぷかり浮かぶ
船の上で、のんびり空を見つめながら、誰もいないんだし
と、歌を歌い始めます。

懐かしメロディ総出です!ガハハ。時々海鳥が遊びに来ます。
悠々と空を飛ぶ姿を見ながら、至福の時を過ごします。
金持ちのセレブは、豪華なヨットで、こんな感じで海の上で
時を過ごすんだな~と、私は、小船で思いました。

船のへさき    透明な海の水
船のへさきの遠く向こうは慶良間島    透明な海水に魚が遊ぶ

読書よし、CDプレーヤーなど、持ってたら、きっと
もう、楽しいひと時になるに違いないと。

そのうち、海鳥たちがたくさん集まって来て、海面に
飛び込み始めました。小魚をつばんでいるのです。

白い海鳥    潜って海の幸をとる
白い海鳥たちが海面に向かう    潮が引けば潜り易くなる

こんな、のんびりムードの私をよそに、皆を魚や貝を
一生懸命採ってます。

どこまでも続く360度の青い海。青い空に浮かぶ白い入道雲。
真っ白な海鳥が空を飛び、静かな時が流れる。

父が海好き、兄弟が海好き、休みは、小船を出して海の幸を
採りに行きます。お魚さんや、貝さんに感謝して海の幸を
頂きます。

収穫した魚本日のありがたき海の幸

でも、長い間、船の上でぷかぷかよりは、やっぱり
海の水に入らないとな~!

熱い真夏の太陽の下、潮風が心地良かった1日でした。行きたい時に
すぐ傍に海がある。これも至福の贅沢なのかもしれない。
海と空と雲と鳥と一緒に。
テーマ:小さな幸せ
ジャンル:ライフ
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング